日本創生プロジェクト概要

NPO法人日本カンボジア交流協会(JCIA)とカンボジア政府協力のもとで始動しました

現地のポーサンチェイ社会開発センターにて、20年以上ものあいだ、障がい者や孤児、貧困層の人々の職業訓練と生活支援をしてきました。現在も政府と協力して職業訓練や孤児支援、企業進出の支援などを行い、日本語学校・人材教育などをしてまいりました。この度、さらなる発展を目指し、社会事業省より「カレッジ」の認可を、労働省より人材派遣の認可を受け、国内外の期待に応えるべく、大きくジャンプ致します。

jciaJCIAカレッジ山田二三雄学長とイッサムヘン労働大臣

NPO法人日本カンボジア交流協会(JCIA)公式サイトはこちら

国策的人材派遣プロジェクト

超高齢化社会の日本で行政と一体となって、カンボジア人に『日本の暮らし』をご提供する公的人材派遣プロジェクトです。古きよき日本を感じるカンボジア。そこで暮らす心優しきカンボジア人に日本文化教育を施し、三方よしの精神で国策的移住を進めてまいります。

shakaijigyoushou社会事業省にて

亡国前夜の日本

明治維新以降の中央集権化による弊害で、2040年までに全国約1800市区町村のうち、896市区町村において消滅する可能性があります。地方が再び活性化しないことには、日本創生はあり得ません。地域の暮らしに根ざした日本創生プロジェクトが早急に必要となりました。

2040

各省庁の情報管理システム革命

エネルギー省にてIT講義をされる西野先生。各省庁の情報管理システム革命が変わる第一歩となった。

nishino